作品紹介

 ゲルググ先行量産型

この機体はJAF-CONの為に制作して発表しました。

 制作ポイント
頭部
 ここは上の目のスリット部分の切れ込みが途中で切れているために、奥まできっちり切れ込みを入れています。そのほかはアンテナを薄く削っています。また、モノアイガードの部分の透明パーツは使用せず、そのままにしています。

胴体
 この部分は多少うるさく感じるモールドを埋めてコックピットブロックの上下それぞれのボールジョイント部分を延長しています。これは胸のパーツとスカートパーツによってコックピットのパーツが窮屈に挟まれている感じがしてしまい、また上下の可動範囲も狭いために施した改造です。

スカートパーツ
 ここは先行量産型ということで細かいパーツ分割は考えずに製造した試作パーツと考えて、一切のモールドとパーツ分割をパテで埋めてしまいました。また、スカートの縁には装甲断面を表現するためにエバーグリーン社のプラ板で制作しています。

腕部
 まず肩アーマーは内部パーツをジャンクパーツでデコレートし装甲断面をスカートパーツにも使った方法で表現しています。また、アポジモーターは先行量産型と言うことで取り付けていません。それ以外の部分は基本工作を丁寧に仕上げています。

脚部
 ここは「Gundam Weapons Master Grade Model GELGOOG」に掲載されているMAX渡辺氏の制作方法と一緒です。

その他
 シールドは何も改造していません。長刀もビーム発生部分をすり鉢状に削っただけです。ビームライフルは先のGundam Weaponsと同様ですが、ボディと干渉する部分はスプリングパイプなどで繋ぎ、自由にフィットするようにしています。

塗装
 基本的にはMAX塗りなのですが、それだけでは猿まね的で面白くないので、下地のベースグレーを塗装した後にエッジやモールドの部分を残してシルバー系の塗料を混ぜ合わせた物で塗装します。この方が光の反射角度によって装甲が輝いているように見えるので、より現実味が増すのではないかと思いました。そして出来上がった下地の上に下地のシルバーを完全に隠蔽しないように各色で塗装していきます。

 

inserted by FC2 system