RX-78GP-02A ガンダム試作2号機

 

このガンダム2号機はワラ氏への誕生日プレゼントとして製作しました。
が、遥かに誕生日を過ぎてから完成しました。

機体解説

 製作のポイントとしては多くを望まず、気になるところだけの改修となりました。
改修ポイントその1、頭部の大型化。この部分はキットの状態だと非常に小さいです。そのうえ、2号機の特徴である頭部のフィンの部分が小さくまとまりすぎています。MAX渡辺さんのようにとは行かないまでも、なるべく近づけるように改修しました。結果として、製作する上で一番の改修ポイントになると同時に一番時間をとられた部分でもあります。

改修ポイントその2、二の腕の大型化。この部分も頭部と同様の理由で貧弱な感じがしたのでポリパテを盛って大型化しました。と同時に肩パーツと腕への接続を左右別々の方法にしてあります。右腕はバズーカを構えるために、左腕はシールドを保持できるように、それぞれ特化した間接構造になっています。

塗装・・・・・今回の塗装は下地となるサーフェイサーを塗装していません。基本となる内部パーツにブラックとシルバーを混ぜたブラックシルバーを塗り、その他の外装フレームやシールドなどにはベースブラックを塗りました。本体の基本色にはピュアホワイトと言う白を塗り、赤い部分はスーパーイタリアンレッド、青はキャラクターブルー、シールドと胸部のダクトにはゴールドを塗りました。シールドの核マークやフレキシブルバインダーの弧を描くマーキングの部分にはキャラクターオレンジと蛍光オレンジを混ぜたものを塗り、最後に全体のつやを整えるためにブルーパールとフラットベースを混ぜたものを塗りました。

inserted by FC2 system